Tuesday, 31 December 2019

planned and completed activities in 2019

Website of Lab. /www.cryoscience.net/

研究室見学は随時受け付けています。遠慮無く連絡ください。

ただいま観測中


今後の予定
6/15-7/4 モンゴル氷河観測@Mongolian Altai, Mongolia
7/8-18 IUGG General Assembly@Montréal, Canada
9/8-12 International Mountain Conference@Innsbruck, Austria
9/10-14 WGMS General Assembly@Almaty, Kazakhstan
9 ヒドゥンバレー氷河観測@Hidden Valley, Nepal
10-11 ロールワリン氷河観測&アイスコア掘削@Rolwaling, Nepal
12/9-13 AGU Fall Meeting@San Francisco, USA

Sunday, 16 June 2019

movies in the sky

スノー・ロワイヤル


殺しすぎだよおとっつぁん。。。
映画好きには受けがいいようですが、まぁ機内映画でOKやね。


Saturday, 8 June 2019

dust source in greenland

とあるML経由で入電

Glacier Flour in Greenland Skies in NASA



いやはや、スゲーダストだな。何も知らなかったら森林火災の煙と勘違いしちゃいそう。

低温研のaminoさんがSE-Domeアイスコア中のダストと氷床周辺の積雪(に覆われていない)面積との関係を解析してましたが、やっぱり関係ありそうってことで有益な情報ですね。




Friday, 7 June 2019

bullet tour to tateyama

毎年恒例の立山弾丸ツアーにいってきました。

今回は新人の雪上歩行訓練 (ただし外部委託) を兼ねて (chen & ryohei) の二人が参加
yotaは3月と5月のネパールとJpGUでだんだん頸が回らなくなって来ているのでお休み

前線通過や梅雨入り間近にもかかわらず、一週間前に決めた日はドンピシャのド快晴という、幸運に恵まれました。



立山氷河マスターのkotaroさんが「いや~能登半島がこんなにはっきり見えるなんてスゲー」としきりに言っておりました。




Friday, 31 May 2019

cause of low birthrate

少子化の原因について「女が働くからだ!」などと言ってる人は今時あまりいないとは思いますが、これほどわかりやすい動画もそうないのでは?


これを静的なグラフと数値で示すためにはどうすればいいんだろ?各国の時間経過を散布図で示して、回帰を求める、とかかな?

科学技術の発展のおかげで「無理してたくさん生まなくても良くなった」というの話なので、「出生率を上げる」ための努力ってのは見当違いなのかもしれないね。

少子化は不可避、ということを前提に、世代間人口分布のアンバランスをどう解消するか、ソフトランディングさせるか、を考えていかないといけないみたいだけどこれは科学技術で解決できるのだろうか?それとも政治?

Thursday, 30 May 2019

be foolish seriously

幕張方面で知的情報交換が活発に行われている最中に、研究活動からは真逆のベクトルをもつ、講義の準備と雑用に疲れた午後にぴったりのコンテンツを発見

事業者が知っておくべき軽減税率のイロハを徹底解説!
軽減税率はどこまで適用される?税理士軍団に「ありえない商品」の税率を聞いてみた

保存版だそうです。お時間ある時にどうぞ。

でも、飲み物を口に含みながら読まない方がよいです。

倫理観を問われる牛魚人(ぎゅうぎょじん)ヤベー

危うくキーボードダメにするところだった。

Wednesday, 29 May 2019

basics of mass balance

今週、来週の連チャン講義のためにいろいろ素材を準備してました。

せっかくなので公開しちゃう。

cozyの質量収支モデルを使用。気象データはネパールかどこかの5000mにおけるERA-Interimのデータで、1979年10月~19809月にかけての一年のみの計算。



左の階段状の図は仮想的な氷河の面積分布。

左図:仮想的な氷河全体の質量収支がゼロになるような質量収支のプロファイル。降水量を与え、質量収支がゼロになるように気温を調整した。
右図:気温はそのままで、年降水量を変化させたときの質量収支プロファイル。

年降水量をいろいろ変えても、気温を調整するとこの仮想的な氷河の質量収支をゼロにすることができる。

降水量が変化しても、氷河の質量収支(b=XXXXmm)は変化する。温暖化だけが氷河縮小をもたらしているわけではない。特に降水量が減った時の消耗域の変化は大きい。



Tuesday, 28 May 2019

work in PR

この前の日曜日、発表が無いのに、幕張メッセに行ってきちゃいました。

日曜日なので、高校生のポスター発表があり、なかなか活気にあふれた会場でした。

私のお仕事は、、、



Le Nom de la Rose

事実は小説より奇なり、とはいうけど、小説が先をいくってのもスゴイ

How we discovered three poisonous books in our university library

南デンマーク大学図書館で、16~17世紀の書物に使われた緑の染料に砒素が使われていたことをX線蛍光分析で明らかにした、って話。

真っ先にこれ思い出しました。


薔薇の名前@アマゾン



小説も難解だけど読む価値あり
https://www.amazon.co.jp/%E8%96%94%E8%96%87%E3%81%AE%E5%90%8D%E5%89%8D%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88-%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B3/dp/4488013511

ウンベルト・エーコの重厚さに比べるとダン・ブラウンとかはラノベだよね実際。

Saturday, 25 May 2019

traffic jam in mountain

週末の高尾山でもこうはならないんじゃね?小学生の時以来行ってないから知らんけど。
と思ってググってみたら高尾山もなかなかスゴイ

Yes, This Photo from Everest Is Real






なんかね、自然以外の要因で死んじゃってる人がたくさんいそうですね。

Wednesday, 22 May 2019

final lecture

先週末の5月18日(土)に、北海道は登別温泉にて、nishiさんの退職記念講演会を開催しました。

「嵐」の札幌公演に巻き込まれて、たどり着けない遭難者が多数いたものの、下は2歳児からの、総勢54名が参加しました。


ところで完璧な余談ですが、空港で「5×20」のバッグやTシャツを多数見かけました。グーグルで検索したら「100」とだけ出てきて(そりゃそーだ)、「知らんの?」って、なんかスゲーバカにされた気分。



さて、事前の天気予報がヤバイ感じでしたが当日はすっきりとして良い天気に恵まれ、前座講演として中堅3名が話した後、一時間たっぷりの講演をしていただきました。





Friday, 17 May 2019

crisis caused by machine learning

BBCに興味深い記事を発見

AAAS: Machine learning 'causing science crisis'

ツールとして誰でも使えるようになりつつあるdeep learningを無思慮に使うとエライことになるよ、、というお話。

最近新聞記事にもなった、

Forecasting Climatic Trends Using Neural Networks: An Experimental Study Using Global Historical Data in Frontiers in Robotics and AI

とか、典型的なパターンだよね。
カラースケール変えると結果が変わるって何じゃそりゃ?

AI人材25万人とか言いながら、高校の授業からベクトルと行列を削るどっかのお役所に千回くらい音読させたい記事ですね。

Thursday, 16 May 2019

being explorer

妙なサイトを見つけてしまった。。。

冒険家・探検家になるには

他にも、ボッカ、の職務内容が激烈すぎておののいてしまいます。

こういうのは誰が選別して、誰が書いてるんだろうか?謎すぎる。。

Sunday, 12 May 2019

a pokemon study

これって、真の意味での「ゲーム脳」ってやつですかね?

Extensive childhood experience with Pokémon suggests eccentricity drives organization of visual cortex in Nature Human Behaviour

幼少期にポケモンをやると特異的な認識回路が形成されるって話みたい。でも、いわゆる「ゲーム脳」的な悪影響は無い模様。

ポケモンに限らず、大流行したゲーム毎にこういう実験ができるよね。

Saturday, 11 May 2019

drill preparation

十連休いかがでしたか?いきなり働き出すと心臓がビックリしちゃうので、ゆるりゆるりといきましょうね~

というわけで、いきなりデスクワークすると腰に悪いので、立川方面でアイスコア掘削ドリルの動作確認をしてきました。



デスクワークよりも腰に悪そうな作業ばっかりでしたけど。

Thursday, 9 May 2019

two papers accepted

GW中にjekaの論文が、GW明けの今朝方にsojiroの論文が、それぞれJGRとJoGに受理されました!

めでたい!!

sojiroは初の筆頭著者論文、喜びをじっくりとかみしめて下さい。

Podolskiy EA, Fujita K, Sunako S, Sato Y
Viscoelastic modeling of nocturnal thermal fracturing in a Himalayan debris-covered glacier.
Journal of Geophysical Research: Earth Surface

Sunako S, Fujita K, Sakai A, Kayastha RB
Mass balance of Trambau Glacier, Rolwaling region, Nepal Himalaya: In situ observations, long-term reconstruction, and mass-balance sensitivity.
Journal of Glaciology

科研費落ちた日本シネ、なcozyは今年度予算のエクセルシートとにらめっこ中です。tsutakkyの論文もあるし、出版貧乏な一年になりそうです。


Friday, 19 April 2019

draft almost done

ツタッキーのTCD査読の返事がなかなか返ってこず
マーチンええかげんにはよ査読しろや(怒

Sojiroの査読でエディターが「すまん査読者その2のコメント送り忘れとったわ」とイラっとさせる対応をし、
そしてsojiroが体調不良で改稿が停滞中。。大丈夫かっ!

研究室の新人歓迎会がsojiroの体調不良でお流れになった

今 日 っ ! 金 曜 日 に っ !

積年の課題であった論文の原稿を共著者に回覧しました(祝っ! 褒めてっ!
まだ投稿もしてないのに祝っちゃうよオレっ!

せっかくなので図を チ ラ 見 せ しちゃおうっ!



Wednesday, 17 April 2019

EGU2019 (2)


EGU2019 (1)に続き,関係しそうand面白かった発表を紹介します.
聞いた順番や日付は順不同.ほぼポスター発表です.

Tuesday, 16 April 2019

EGU2019 (1)


こんにちは,5年目にして初のブログとなりました,Sojiroです.
ブログを書くネタは今まで沢山あったのですが(Iさんとのぼったくりバー事件や,観測中にヘリで帰って行った某後輩の話,氷河観測後の乱闘騒ぎなどほんとに沢山…),タイミングを逃し今日まで来てしまいました

さて,先週EGU General Assembly 2019に参加してきましたので,その報告をします.

ヒマラヤ関係のお話もそこそこありましたが,観測ベースの研究を得意とするオランダ,UK,フランスあたりのチームからの発表はほとんどなし.IUGGAGUで色々面白い話が出てくるのでしょうか?

以下報告

Friday, 5 April 2019

new fiscal year launched

新年度が始まりました。

ryuさんが琉球大学より着任しました。本格的なアイスコア研究が名大雪氷でも実施可能になり、研究の幅が広がりそうです。

yotaさんとchenさんがそれぞれDとMに進学、ryoheiさんがB4で新規加入。yotaさんはこの四月に大水系に唯一D進した希少種。雪氷研究室もこの二年でどんどん人が減ってますが、かろうじて墜落(~学生が一人もいない)せずに低空飛行を続けています。

akaneさん、akemiさん、heroさんが研究室を去りました。akemiさんは学位取得の宿題がまだ残ってますので、頑張って下さい。akaneさん、heroさんは新天地のブラックな話を期待してます。

nishiさんは年度末ギリギリにニセコ雪崩実験を実施し、事務方の胃をキリキリと締め上げてました。一応退職なのですが部屋は全く片付いておらず、五月半ばぐらいまでに何とかしたい、とのこと。

三つも出していたcozyの科研費は全滅でした。今メッチャ機嫌悪いので話しかけないで下さい。

sojiroさんの一本目がほぼ受理確定。EGUデビューに向けて出発したところです。学位スケジュールをブログに載せる予定です。二本目のネタもほぼ固まったのであとはやるだけ。歴代の卒業生は帯状疱疹、血尿、凍傷を乗り越えて学位を取得してるので、sojiroさんもクライマックスへ向けて追い込んで~
※cozyだけ、単に予備審直前に冬山に入ってただけ、学位関係ね~

Tuesday, 12 March 2019

rolwaling reconnaissance 3

ロールワリン雨量計設置サイト偵察チームは昨日(3/11月曜日)予定通りベディンに到着し、今日(3/12火曜日)下山を開始するとのことです。

雨量計の設置に関する交渉は順調とのこと。

ベディンには積雪があり、地元のシェルパによるとこの季節の積雪は珍しいとのことです。

Monday, 11 March 2019

rolwaling reconnaissance 2

先週末に入電したメールです。

+++++3/8
We arrived gonggar. I can't use Japanese keyboard on samsung phone so send message in English.
※グーグル日本語入力を入れれば海外製スマホでも日本語打てるのに。。

Everyone fine and we succeed in negotiations about rain gauge.
We decided to set precipitation mater on police station at Singati and hydroelectric center office at Gonggar.

Rakesh helped us a lot in negotiation.

In addition that, Gopal works as a porter in this trekking. I was noted that in this morning.
+++++
+++++3/9
We arrived at Simigaun before noon.
Everyone fine but rebuilt new steps are not good so we were tired.
We chose lodge garden as a measuring site.
I took some 360degree movies in the village for Sano-san.
+++++

日曜はシミガオンからリバーサイドへ向かったはずですが入電無し。ここは電波が悪いので、今日ベディンへ着いたら連絡が入ると思います。

Friday, 8 March 2019

rolwaling reconnaissance 1

氷河とか水文とか言ってるけど、いつどれくらい降水が降ってるってわかってないよね?

というモチベーションの科研費が昨秋より走ってます。代表者はご近所のhatsukiさん。

雪氷研究室が毎年通っているロールワリン谷のトレッキングルート沿いに雨量計を設置したら、行き帰りにデータ回収と測器のメンテができて便利じゃね?

ということで参加しています。



Wednesday, 30 January 2019

meeting memo

バブリーな中国のプログラム「Third Pole Environment」の寒冷圏と水循環ワークショップにお呼ばれしたので久しぶりに北京訪問してきました。

International Workshop on Cryosphere and Water Cycle: Observation-Modeling Integration over Third Pole

その時のメモ、、の前に会議以外のメモ

・国家会議場併設のメッチャ立派なホテルでも、アメニティにひげ剃りは無い
※この前のモンゴルのホテルにあったので油断した。ありゃ総長のひっつき虫出張だったから最上級ホテルだったのね

・北京の空港では保安検査+税関でもX線荷物検査があるので無駄に緊張する

・入国審査で全指の指紋持ってかれる

・メールは事前にGMAIL以外へ転送設定しておかないと行き詰まる

・大学メーラーソフトにアドレスを登録していないので、(メルアドを引っ張り出してくるために)サンダーバードを立ち上げただけなのに、グーグルから「怪しいアクセスがありました」って警告がたくさん届く
単に遮断しているだけではないんだろう

・パソコン上でもWiFiにつないでるだけで「ポートスキャン攻撃を遮断しました」という警告がしょっちゅう出てくる
ノートン先生のありがたみを実感

・GMAIL、ツイッタはもちろんフィードサイトもアクセスできない

・おかげで内職に集中できる (オイ

・でも、グーグルアースはOK

・つけっぱにしていたCNNは時々突然2~3分くらい画面が黒くなる
検閲ってやつ?

では以下本題の会議メモ


Monday, 21 January 2019

avalanche experiment in niseko

昨年は不発に終わったニセコ雪崩実験
※発破は爆発しましたが、雪崩がさっぱり、、

今年はnishiさん教授職最後の年にも関わらず、3月の年度末ギリギリまで視野に入れつつ準備を進めているところです。
事務方がマジかっ!とドキドキしていると思われますが、nishiさんの数年にわたる根回しの結果、全面協力を取り付けている模様。というか、諦めてる?

そんな中、羨ましい動画を発見



Sunday, 20 January 2019

corresponding author

週末の監督業務ややなぁ~と、ツイッタパトロールしていて見つけたこちらの研究室


いや~すげ~な、ウチの学生に見せたら死んじゃうかも、と思いつつブログで紹介

Saturday, 19 January 2019

a himalayan black carbon paper accepted

ヒマラヤへのブラックカーボンの輸送と沈着を計算し、氷河融解水への影響を調べた論文がACPにAcceptされました。

Santra S, Verma S, Fujita K, Chakraborty I, Boucher O, Takemura T, Burkhart JF, Matt F, Sharma M (accepted) Simulations of black carbon (BC) aerosol impact over Hindu-Kush Himalayan sites: validation, sources, and implications on glacier runoff. Atmospheric Chemistry and Physics
https://www.atmos-chem-phys-discuss.net/acp-2018-869/



Friday, 18 January 2019

big avalanche in swiss

ヨーロッパアルプス方面は大雪のようで、、、



Wednesday, 16 January 2019

a book published

レビューエディターとしてお手伝いした本が出版されました。

The Hindu Kush Himalaya Assessment from Springer

気前の良いことにオープンアクセスです。

レビューしたのは第7章、「Status and Change of the Cryosphere in the Extended Hindu Kush Himalaya Region
修論とか博論のイントロに使えるよ→雪氷の学生さん達

いま絶賛レビュー中のIPCCスペシャルレポート「The Ocean and Cryosphere in a Changing Climate」と丸被りが予想されますが、こちらはどんなのが仕上がってくるのでしょうか?