Wednesday, 18 September 2019

mongolian diary part 12

7/2 IUGGの準備などして過ごす。

1500ホテルチェックアウト、1750離陸。

Turgen近くのDegliiという空港に立ち寄る。

ウルギーの空港待合室で外人のねーちゃんトレッカー達がアバンチュール話を大声でしゃべっていて耳がダンボに。「相手いくつよ」「五歳年下」「キャ〜マジ〜」みたいな。ちょっとここには書けないような話も大声でしてた。

2220にウルギーへ着陸。北大を卒業したWRF使いの兄さんが迎えに来てくれる。荷物を詰めてぱんぱんになったプリウスで市内へ。ホテル立派。

7/3 IUGGの準備して過ごす。

1230に起床水文局近くのレストランチェーン「ノマド」に入るが、厨房でトラブルがあったらしく注文が全然来ない。あきらめて水文局へ。今回の精算、データ共有、来年の相談、論文の進め方の相談など。

コバックスドリルを独自に購入したいとのこと、マキタドリルの情報も併せて知らせる。← done
流量観測メーターのお勧めも知りたいとのこと。ウチら最近流量観測してないからなぁ〜

夕飯を昨年10月の入学式で来たときに訪問団の打ち上げで使ったしゃぶしゃぶ屋へ。野菜をたくさん食べられて大満足。

7/4 早朝発の便で、釜山経由で順調に帰国

モンゴルいいねぇ〜気に入りました。アクセスもいいし、標高も高くないので、新人のフィールド体験の場としてもいいし、長期滞在してプロセス研究をやる場としてもいい(と言っても6〜9月の2ヶ月半が限界みたいだけど)

No comments:

Post a comment