Saturday, 21 December 2019

rebooting colloquium

その昔、90年代に、弊社には水圏コロキってのがありまして、教員や研究員、ドクターの学生なんかが研究紹介をしていました。それが法人化したころから皆さん忙しいのかお客が集まらなくなり、改組なんかも重なって立ち消えてしまいました。

隣の客が柿を食っているのかリンゴを食っているのかは、最近では修論発表会の機会しか知るチャンスが無い状態がここ20年近く続いていた次第です。





が、親会社からの更なる改組の圧力が増す昨今、このまま個人商店街で有り続けるのはマズいだろう、と言う危機感も有り、また純粋に隣の芝生を覗いてみたい欲求も有り、ということで、大気水圏コロキをリブートすることになり、12/20(金)の午後を使って四人の演者が発表しました。

・ヒマラヤの氷河観測
・大気のアンモニア
・エアロゾルモデリング
・台風の航空機観測

という多様性に富んだ内容で、かつ、お客さんにもたくさん集まっていただき、なかなか良かったと思います。企画しておいて言うのもなんですけど。


コロキに続いて忘年会&M2を励ます会(通称M2ハゲ)が開催されました。

*cozyは自宅でful-Aがアウトブレークして野戦病院状態になったため、衛生兵として泣く泣く忘年会は不参加。


次回、次々回と演者とお客が集まるか、持続可能性が肝心です。関係者の皆さんにおかれましてはなにとぞよろしくお願いします。

No comments:

Post a comment