Tuesday, 12 June 2018

a day in the mountain

日々の雑務に追われて疲れ果てたので、心を癒しに立山にいってきました。

雨がちな予報の中、一日だけあった晴れ間をつかみ、立カルの福井さんとワンデイアタックを敢行。


今年は雪少ない




前日高速バスにて富山入りし、美味しい日本酒とお魚を堪能。げんげって深海魚の唐揚げがうまかった。ただ、一人だとあれこれ食べられないのがちと残念。

翌朝、超久しぶりの地鉄で立山駅へ。立カルで福井さんと合流。

室堂でちゃんと登山届けを出してボッカ道経由で内蔵助へ。雪グサグサでアイゼンいらず。
指導員のおっちゃんに「えっ、ボッカ道?」とご指導されそうになる


内蔵助にドロップイン。

6月にもかかわらず、下部モレーンが見えている!久々に下の基点も確認できました。


剱はいつ見てもかっこいいよね。

先日見学に来たT大のIくんは平蔵谷のスキー滑走を狙っているんだとか、でも、今年は既にバスバス、今年は止めておいた方がいいんじゃね?


ハマグリ雪の上部基点も露出してました。これもcozyは初めて見た。

cozy-hiyama仮説によれば、はまぐり雪はスタートが大きければたくさん融け、小さければちょっとしか融けないので、いずれにせよ生き残る。はずですが、今年の秋にどうなっているか?


地獄谷の噴気もだいぶおとなしくなったみたい。


天気が下り坂ってこともあり、雷鳥さんをあちこちで見かけました。
こいつはその中でも優等生なモデル。

あっというまにラウンドし、18時には富山駅で鮨くって、19時の高速バスに乗って23時に名古屋着。すんげー雨の中帰宅しました。

写真は全て福井さん撮影。
cozyは完全にリラックスモードでした。あ~楽しかった。

No comments:

Post a comment