Saturday, 26 May 2018

a good practice of review process

2015年以来の、久々のJpGUでしたが、これまでと違ってかなり楽しめました。
※レポートはおいおい

ネットパトロール中に見つけたこちらの記事

大西英男議員の事務所から受けた、受動喫煙記事への抗議に対する回答

論文を投稿した時の査読コメントに対するリプライはかくあるべし、な内容で、参考になると思います。



そ し て 、 、




抗議内容とともに次回の記事で回答する旨をお伝えしたところ、数度のやり取りを経て、「では抗議は取り下げる」と改めてご連絡がありました。しかし、抗議は取り下げられても、大西英男議員の事務所関係者の疑問が解消されたわけではないと推察いたします。

 私たちとしては、東京都の条例案の全貌が明らかになったこの機会に、受動喫煙防止に関する議論をさらに深めることは公益に資すると考え、この疑問について回答いたします。
という丁寧な文体をもちいつつの容赦無い


公開処刑的戦法


日々いろいろなところから圧力を受けている方々に一つの選択肢を示している点でもナイスっ!

予算を握られているお上に対してはそう簡単にできないやり方ですけどね。

査読への返答、という視点からみると、コメントほぼ全てに対し、根拠を示しつつ論破しています。こういう感じで論文も出版できると良いよね。


そういえば、

研究の裏話的ブログを長年書かれていたTさん(故人)という方がいましたが、ブログの内容に対する抗議のメールをそのまま次のブログで晒し、ついには誰も苦情を言えなくなる、という無双っぷりを発揮されており、外野から楽しく拝見させてもらっておりました。

No comments:

Post a comment