Thursday, 20 October 2016

police dog training

少し前の連休は、とある避暑地で過ごしましたが、その時に警察犬のトレーニングをしにきていた方たちがおりました。





トレーナーの歩いた後を、確実に辿っていき、ちゃんと終わったところでじ~~~っと待ってる。すごい。









警察の人かと思ってたら、そうではなくて、こういう犬たちをオーナーから預かって訓練をする仕組みがあるのだそうです。

で、時折ある警察からの依頼に応じて駆けつけで捜索に参加したりするんだそうで。

この前の週にとある河川敷で行方不明者を発見したとか。
ということは、このトレーナーさんも見ちゃったってことですよねぇ、、、ひえぇ~~


オーナーさん達はほとんどボランティア的に犬たちの経費を負担して、年に数回、数日だけ一緒に過ごすんだそうです。
会社の経費で云々的なお話もありましたが、税金で吸い上げられるよりは目的がはっきりした寄付ともいえるかな


トレーナーさんの話の中で、

直轄犬 と 委託犬

ってのが笑えた。やっぱり警察も予算が限られてるので、直轄犬はすごく少ないんだそうで。
まぁそりゃそうかな。四六時中犬の世話ばかりしている警察官がいる、ってのもね。

そんなわけで、警察犬のドラマとか見たら、基本、ボランティア的に出資しているオーナーさんと犬を預かって訓練するトレーナーさん達のことを思わなきゃ、と。

No comments:

Post a comment