Monday, 8 January 2018

agu 2017 diary annex

以下、慌ただしい学会の合間を縫っての観光ノート

第二次世界大戦博物館

AGU会場のすぐ近くにある。日本人としては訪れぬわけにはいかない。ナチスの台頭からノルマンディ上陸作戦までを詳しく追える構成になっている。もちろんパールハーバーも。さすが腐りかけていても自由の国、と思ったのは、戦時中の日系アメリカ人に対する政策(ドイツ系アメリカ人やイタリア系アメリカ人には何の制約もなかった、って知ってた?)や有色人種に対する差別について紹介するコーナーがそれなりのスペースを割いて設けてあったこと。ボランティアガイドのおじいさんが厚木に駐屯していたことがあるとかで、少しお話しする。予想に反して原爆投下に関するコーナーがなかった。ひょっとして見落とした?






ブードゥー博物館

博物館、というよりはキワモノガラクタ屋みたいな規模と内容だったけど、それなりに面白い。どういう環境で抑圧されるとこういう宗教が生まれるんだろうか?

Preservation Hall

今回の学会、いつも開催されているサンフランシスコに比べてえらく日本人が少ないように感じたけど、帰りにバスでご一緒したTDさん@TODAI曰く、「やっぱり開催場所がねぇ〜」って、cozyはジャズ発祥の地ニューオリンズだから久々の参加を決めたのに?

といいつつも事前調査の余裕がなく、到着後にガッと調べてここだけは外すな、と言われているPreservation HallにGo。いつもは18時から一時間ごとの開演だけど、この週は17時からのオープン。という情報をブードゥー博物館の帰りに寄った際にゲット。おぉ、それなら後小一時間じゃないかっ!というわけで、明るいうちから皆がビール片手に歩いているだらしない雰囲気がたまらないbourbon通りで時間を潰して列の3人目に滑り込む。普段は行列大嫌いだけど、ここは仕方あるまい。cozyの好きなタイプのjazzではないけど、まぁなかなか楽しめた。


No comments:

Post a comment