Monday, 15 May 2017

surge of glacier studies

先週は氷河関連研究が目立つ雑誌にわらわらと載ってましたね。

Saying goodbye to glaciers in Science

これからの展望、、見たいな位置づけなんでしょうが、目新しい主張はないですね。

っていうかさ、このまえウチらの原稿をリジェクトしたくせにこの毒にも薬にもならない原稿を載せるってどういうことさ?


Asia’s glaciers are a regionally important buffer against drought in Nature

すごい目新しいわけではありませんが、ダムと干ばつのデータを導入したあたりが斬新。多くの関係者が「やられたっ!」と思ったに違いない。

著者は普段は南極を中心にやっているのに、一人で解析をしてかなりのボリュームの論文を書き上げている。

ちなみにkakkaさんが査読。

で、これの解説がこちら

Hydrology: Asian glaciers are a reliable water source in Nature

査読していないし普段はリモセンで水文屋ではないのにnews&viewsを依頼されるとはもうすっかり大御所のtobias。正直くやしい。


かくいう自分はdamoさんの置き土産の二回目のお小言が戻ってきて、それの対応で心が荒んでいます。

No comments:

Post a comment