Tuesday, 28 March 2017

useful suggesition

こちらはなかなか有益な記事


誰も教えてくれなかった査読(ピアレビュー)のやり方、レポートの書き方 in 日本の科学と技術







と言っても、この記事のリンク先なんかはほとんど生物系ですから、読んだってわかんないよね。それより、うちらの業界には EGU Journal という、戦いの全記録が公開されている素晴らしい情報源があります。

そっけなくあっさりと受理に至っている論文が多いですが、cozyが関わっている論文はどれも絶体絶命の状況まで追い詰められてからギリギリの状態で受理されてますので、そのやりとりはきっと参考になるでしょう。
自慢できるようなことか?

あえなくリジェクトされてしまったケースも合わせ、幾つかの論文のやりとりを見ていけば、人の論文の査読はもちろんのこと、自分の論文の査読対応にとっても、良い糧となるでしょう。

でもね、はっきり言って、人の論文のやりとりより、自分の論文を守るための戦いでどれだけ場数を踏むかが大事だとcozyは思います。

No comments:

Post a comment