Saturday, 16 April 2016

incorrect descriptions

去年、地震前のネパールの学会であったSurendraがなかなか面白い論文を出して、あちこちで取り上げられてます。

Climate-driven polar motion: 2003–2015 in Science Advances

で、主題はこちらではなくて、こっちの記事

「北極点がイギリス側に移動」という新事実 in Yahoo Japan

この記事、二つのポイントでテキトーなことを書いてます。

さぁ、どこでしょ?







一点目

主題とは違いますが、最初のさわりで太字にしている

グリーンランド氷床で、全体の12%にあたる氷が一気にとけた

ですが、リンク先のGardianを見れば明らかなように、面積で12%です。ちなみにグリーンランドの氷が12%も一気に融けたら0.8 mの海水準上昇に!

世界が終わるがな。



二点目

実はそもそものタイトルが間違っている。

北極点が移動していることは19世紀の終わり頃にはわかっていたし、21世紀に入ってから長年の傾向と違う挙動が観測されていたことも、すでにわかっていました

Surendraの論文が明らかにしたのは、その移動の原因で。グリーンランドや西南極の融解にともなう地球上の質量配置の変化だけでなく、ユーラシア大陸上の水(ほぼ地下水)の変化で10年周期も含めて合理的に説明できる。ということ。

これ、本文読まなくても要旨に書いてあるんですけど。

どっかの外国の記事をテキトーに焼き直したって感じの雑な記事だなぁ。ひょっとしたら国内の記事かもね。



とまぁ、批判的に記事を読むのは大事です。

No comments:

Post a comment