Saturday, 11 May 2019

drill preparation

十連休いかがでしたか?いきなり働き出すと心臓がビックリしちゃうので、ゆるりゆるりといきましょうね~

というわけで、いきなりデスクワークすると腰に悪いので、立川方面でアイスコア掘削ドリルの動作確認をしてきました。



デスクワークよりも腰に悪そうな作業ばっかりでしたけど。



ワイヤーが巻き付いているのが一番思いパーツであるウィンチドラム58kg。二人分の給料を出しても標高5000m越えではたぶん誰も運んでくれないので、ケーブルを別にして持っていくことに。

全部引き出したところ200mくらいあったかな?途中で切って軽量化することも検討したけど、結局全部持っていくことに。

ケーブルを外すことで一番恐れていたのが「キンク」。クライミングでも困ることが時々ありますが、掘削時にこれがおきるともうケーブル切るしかないですからね。

ブルーシートを広~~く広げ、ゆったりと円を描いて置くことでなんとかキンクせずにすみました。ふ~

ケーブルは別の安っぽいドラムに巻き付けて25kg、ケーブルを外したドラムは27kgと、ポーターに運んでもらえる重量になりました。




掘削機を組み上げたところ。キルギスでの掘削@2016年に使用したっきりでしたが、スムーズに動作しました。さすが地球工学ドリル!



軽量化のため、不要なパーツを取り出して再梱包。


というわけで、akane姐さんの長年の計画である「ヒマラヤでアイスコア掘るぞっ!」作戦がいよいよ始動開始です。

いろいろ克服しないといけないことが山積してますが、一つ一つ解決していきましょう~




No comments:

Post a comment