Monday, 21 December 2015

japanese wall

先々週は北海道はニセコにて、雪崩の研究会がありました。



back image designed by reicorin

シンポジウムに登壇&司会したお方が雪の話題に全く触れず、そこそこの額(聞いちゃったけど、さすがに書くのは控えます)もらってるくせにえらいテキトー&ぼったくりだなぁ

と思ったりなんかしたわけですが、まぁそれ自体はどうでもいいことで、、、


cozyはワークショップの後半でランタンの調査結果の速報を紹介させてもらいました。

んで、その晩の呑み会で、チリの雪崩ハザードマップのことをやっていたお兄さんが、

「で、ランタンの話はどこに投稿するつもりなの?」

と聞いてきたので、

「まぁ、オープンアクセスでみんなに見てもらいたいから、NHESSかなぁ」

と答えたら、えらい微妙な顔してたので、どうしたの?と思っていたら、お隣にいたnさんが、

「いやね、この前彼の論文をリジェクトしちゃったんだよねぇ。今日話したくらい中身があれば良かったのに、投稿してたやつは中身が薄かったし」

と、ちょっとうれしそうにご本人の前で話してくれました。若いし、本数稼ぐために出し惜しみしたのかもしれませんが、翌日検索してみたら、nさん一応匿名で査読してるじゃないですか。なのにご本人の前でぺらぺらとあんなこといっちゃって。。。
言葉わからなくても、勘がいい人ならわかっちゃうんじゃないかなぁ、、業界狭そうだし、

日本語の障壁って、すごいなぁって思った次第です。

No comments:

Post a comment