Monday, 30 January 2017

grape harvest dates

いや~これは面白い

Climate response to the Samalas volcanic eruption in 1257 revealed by proxy records in nature geoscience


古気候データはやっぱりいろんな社会的な背景と絡めるとおもしろいよね。

あと、CDF解析のやり方が参考になる。まぁデータ数が多いからできることだけど。









日本では「正嘉の飢饉 1258-59」がこれに対応するらしいけど、気温低下ではなく、多雨が原因らしい。

実際、論文の図でも気温低下は見られなくて、最初、データ無いのかな?と思ったくらい。

京都方面の研究所のプロジェクトに関わっていて、shigeさんを工作員として送り込んだりしておりますが、こちらは雨の復元を目指しているので、別の切り口で理解が進むと良いですね。


No comments:

Post a comment