Wednesday, 9 September 2015

a new ice core from southeast greenland

先週、この春に南東グリーンランドで掘削されたアイスコアを「これからどう料理するか?」を相談するための研究会に参加してきました。

cozyはアイスコアの近赤外写真による解析(のお手伝い)、という立場で参加してきました。去年の北東グリーンランドでのアイスコア掘削の際に担当し、多分日本の中では一番大量に解析してます。
やり直しも含めて

硫黄の同位体とか、有機化学成分とか、放射性ヨウ素129とか、アイスコア業界では普段聞かない成分を専門にしている人たちが、やる気満々で参加していて、こちらも良い刺激になりました。

掘削自体は天候や機会のトラブルで、予定の半分の90mほどしか掘れませんでしたが、それがかえって功を奏し、「短期間で全部処理して、成果を出せそうな長さ」になり、皆の集中力が続いてる間に成果が出せそうな雰囲気でした。

どこかのなが~いアイスコアが10年経っても成果が出ないのと大違い。
予算は100倍以上使ってるクセに。下手すると1000倍かも。

最初、解析のコツをアドバイスするだけ、と思って参加した次第ですが、「これはちゃんと貢献しないと、」と思い直し、また、肩の凝る解析をする羽目になりそうです。

No comments:

Post a comment