Friday, 18 September 2015

a lost phone

The monk who lived in my phone on dailymail

これを見て思い出したコト

jiroさん、nuiさんとチベットを巡った2008年、ブータンチベット国境で追い返されたりといろいろあった末にたどり着いたチョモランマ側のキャンプにて、ポーターとして雇った地元の坊さんが話しかけてきました。
といっても何を言っていたかはちんぷんかんぷんでしたが。

用件はどうやら、

数ヶ月or数週間前にここらに来ていた日本人観光客が忘れていった携帯電話を買い取らないか?

とのこと。

見せてもらったところ、なんかいろいろ連絡先とかあって、まぁご本人は困っとるやろうなぁ~と思いました。

更に画像データとかを見たりしたら、、、
我ながらスケベ根性丸出しですな

坊主の仲間が写った写真だらけでした (笑


まぁ、この後くる日本人に売りつけられて、悪用される可能性も無いことはない、とは思いつつ、携帯を見て盛り上がっていた我々に気を大きくして金額をふっかけてきたので、丁重にお断りしてしまいました。


No comments:

Post a comment