Saturday, 19 January 2019

a himalayan black carbon paper accepted

ヒマラヤへのブラックカーボンの輸送と沈着を計算し、氷河融解水への影響を調べた論文がACPにAcceptされました。

Santra S, Verma S, Fujita K, Chakraborty I, Boucher O, Takemura T, Burkhart JF, Matt F, Sharma M (accepted) Simulations of black carbon (BC) aerosol impact over Hindu-Kush Himalayan sites: validation, sources, and implications on glacier runoff. Atmospheric Chemistry and Physics
https://www.atmos-chem-phys-discuss.net/acp-2018-869/





北大のTJさん経由で紹介されたインド人がcozyの昔の論文の図を妙な解釈で応用しようとしていたので、

「いやいや、そりゃちゃんと計算し直さないと、、」

とコメントした関係で行きがかり上お手伝いをしてしまった研究。
※結構モデル直したし計算時間もかかったのよね。

図が雑でcozyの美意識に合わない、

とか、

cozyのモデルに関するところのリプライが超いい加減で、「お前ら(第一、第二著者のインド人二人)cozyがやった部分全然わかってないだろ!」と揉めたり、

とか、いろいろありましたが拍子抜けするくらいあっさりと受理されちゃいました。

Q大の竹村さんも含め、他の全著者と誰とも会ったことが無い、というのが今時ですね~

自分たちの観測データを元にした論文がなかなか受理されない一方で、ほぼモデル計算だけの内容で、ほとんどvalidationも無いのにあっさり受理されてしまい、なんかモヤモヤ

No comments:

Post a comment