Monday, 5 June 2017

black death reduced lead

AGUが今年から出し始めたオープンアクセス誌

GeoHealth

に知人のグループが一ひねりある論文を出してました。

Next generation ice core technology reveals true minimum natural levels of lead (Pb) in the atmosphere: insights from the Black Death by More et al.

黒死病で人間活動がボロボロになった1350年前後の4年だけ、アイスコア中の鉛の濃度が検出限界以下まで下がっていた。という発見






逆に言えば、

それ以外は例え産業革命前といえど、人間活動で大気中に排出された鉛がアイスコアには入っている、という議論を展開しています。

古気候業界では、「産業革命前=自然のレベル」という前提で話をしてますが、実はすでに人間活動の影響はあるんだよ、というメッセージ。

うまい持って行き方だ。

No comments:

Post a comment