Monday, 25 January 2016

bridge of spies

監督業務の代休使って見てきました。



監督がスピルバーグってのも知らなかったくらい、予備知識ゼロで見ましたがよかったです。

二年前にワークショップで訪れたベルリンが舞台ってのもなかなか。チェックポイントチャーリーがどの辺にあるかもわかったし。
一日歩き倒したんですよね、ベルリン

でも、ちょっと引っかかったのが、学生さんにこだわる理由。「弟子と同い歳」ってだけなのはちと理由としては弱いんじゃね?この辺もう少し背景が描かれているとよかったかなぁ。

「ニセ家族」の皆さんが引き上げるときの「いかにもソ連」なシーンが最高でした。

でもまぁDVDでもよいかな?DVD見る暇無いんですけどね。


PS 作中で、警察官が「オレはな、ノルマンディ上陸作戦に参加したんだ!」とかほざいていたので、

この弁護士さんも結構キツイ立場で参加しとったん知らんのか?」と密かに突っ込み。
そういう映画じゃないんですが、つい

No comments:

Post a comment