Monday, 31 August 2015

test flight of a new uav

先週のこと、台風が通過中の危うい天候の中、決行された新型マルチコプターのテストフライトを見学させてもらいました。



PD4-BL (PDF)





場所はラジコンヘリのトレーニング場。



結構大事な部分が基盤剥きだしなもんで、コンビニ袋で応急処置。ちと見栄えが悪い。ちなみに、下部に抱えられている装置がレーザースキャナでお値段なんとウン千万円。今回、初めてホンモノの装置を装着してのテストフライトだそう。

絶対に落とせない!ということで、ラジコンヘリの日本選手権の優勝経験者にわざわざ関東から来てもらったそうです。

絶対に落とせない!という割にはこの天気で決行するのね。と思わないでも無い。


おぉ飛んでる!

降雨レーダーで雲の切れ間を読みつつ、都合四回のフライトを行いました。

が、三回目のフライト中、uavから何かがスーっと落ちていった!

どうやら着陸時に必要な「足」が一本脱落したらしい!

あぁ、どうすんのかな、と思っていたら、、、



なんと二人がかりで素手でキャッチ!ブレードは炭素繊維製で、当たったら指どころか首まで飛びそうなシロモノ。よい子は絶対にまねしてはいけません。ってか、ブログに載せて大丈夫か?オレ?



ここのオーナーが、「う~ん、ウチのこうばに転がってる部材でなんとかなっかな?」とサッと何かを取りに戻り、サクッと応急処置。こういう現場対応力って大事だとcozyは常々おもっています。
そういや、去年のグリーンランド掘削でも、motoさんとyamaちゃんの現場力には感銘しました。


データが取れているかどうか、は解析してみないとわからないそうですが、ともあれ、無事にテストフライト終了。

プロフェッショナルの集まり、って感じで久々にエキサイティングな現場に立ち会わせてもらいました。感謝。

No comments:

Post a comment